地震に強い基礎・構造

地震や台風の際も頼もしさと安心感を届ける基礎・構造を採用。

家をしっかりと支えるベタ基礎

家をしっかりと支えるベタ基礎

地震発生時にかかる水平・鉛直加重を支え、長期にわたる住宅の耐久性も高めるため、基礎の立ち上がり(立ち上がり幅150mm)と基礎スラブ(建物の基礎 が立つ下の底盤)全体を一体施工し、建物の荷重を面で分散させる「スラブ一体型基礎(べた基礎)」を採用。コンクリート継目がなくなるため、水の浸入による鉄筋の腐食も防ぎます。

ベタ基礎の特徴

接合部を金物で補強する「金物工法」

在来工法(木造軸組工法)をベースに、接合部(継手・仕口)に金物を使う金物工法を採用。
木材を大きく削って組む複雑な加工がないため、断面欠損が少なくなり頑強な構造を実現します。
筋交いプレートやホールダウン金物など、各部に適した金物を用いて基礎・筋交い・土台・柱・梁が一体化して働くようにし、地震時に柱が土台や梁から離れて浮き上がるのを防ぎます。

接合部を金物で補強する「金物工法」